だらいく

だらだら人間のブログです 無節操にやっています 片付けにはまりつつあります

本:いました

今日の本。図書館で借りました。

五味太郎さんの絵本です。

最後は、お父さんとお母さんのところに戻った、という解釈でいいのかな?

(絵本に“解釈”なんていうのも無粋ですね)

謎のおたまじゃくしみたいなものがいるだけなんですが、胸がほんわかとします。

息子は、相変わらず、めくることに夢中です。めくれてないけど。

 

アレルギーの話も。

いつも行く小児科に行って、相談して、血液検査をしてもらうことにしました。

事前にネットで体験談を読んでおいたのが、よかった。と思いました。

検査をすること自体は、前回の話の流れもあり、すんなりと。

診察室から処置室へ移動して、血管をさがしてもらっている間、私の心臓がもうばくばくばくばく……

うん、とドクターが言って、ナースさんから、

「お母さんは待合室でお待ちくださいね」

内心、「きた!!」と思いました。

赤ちゃんの採血のときって、母子別室のことが多いらしいですね。

・赤ちゃんをおさえつけるから、母親が土壇場で止めに入ることがある

・母親の視線がプレッシャーになる

・お医者さんが痛いことをする人、母親は安心させる人と役割分担をする

等等、理由があるそうです。どうやら。

でも、赤ちゃんをあずかりますね、別の部屋へ……と言われた時は、事前に情報を得ていたにもかかわらず、ウチの子に何すんの! モードでした。笑。

まあ確かに、間近で注射針を刺されて号泣する息子を冷静に見ていられる、あやしていられる自信は皆無でしたので、お願いして離れたわけですが、

結局待合室で自分も号泣でした。

(我が子の必死の泣き声、普段あまり泣かない分、聞いているだけで苦しいですよね……)

それでも、たぶんスムーズに終わらしてくれたと思います。

針の跡が二か所ありましたが、キレイな跡でした。

しばらく抱いているうちに、私よりも先にさっさと息子は立ち直り、帰り際にドクターに頭を撫でられてケロッとしていました。その肝の太さ、分けてほしい。

 

来週には結果が出るそうなので、それまでしばらく小麦除去だなー。

パンや麺類を控えると、自分の食生活もままならないので、なんとかかんとかなりますように! と祈る気持ちです。笑。